【簡単料理】チヌの松笠造りレシピ

チヌ
スポンサーリンク

釣れたチヌの松笠造り

前回メバリングの際に釣れたチヌを松笠造りにしました。

チヌは癖が強いと言われますが、一方で皮目の旨味も強い魚で、皮を炙ることで癖もほとんど気にならなくなります。

スポンサーリンク

チヌの松笠造りの材料

・ガスバーナ

・氷水

・魚焼きコンロの網

・キッチンペーパー

・醤油

・チューブ生姜

スポンサーリンク

チヌの松笠造りの調理方法

①チヌを三枚におろします。

②皮目に切れ目を入れます。

③魚焼きコンロの上に身を置きます。

④ガスバーナーで皮をあぶります。
※皮に焦げ目がつくくらい強めに炙る。

⑤焦げ目がついたら氷水に20秒入れます。

⑥身を氷水から取り出し、水分をキッチンペーパーで取り除く。

⑦お好みのサイズにカットして完成です。

チヌは癖が強いと聞くので、生姜醤油で頂きました。

スポンサーリンク

チヌの松笠造りのコツ

「刺身の厚さを鮮度に合わせて調整すること」です。

釣って1~2日くらいだと歯応えが強いので薄めに、それ以降だと少し厚めに切るのが良いようです。

スポンサーリンク

チヌの松笠造りの味の感想

個人的にですが、チヌの刺身は皮を残して炙った方が美味しかったです。

刺身の美味しさに皮の歯ごたえが加わって、歯切れがよくより美味しくなります。

また、理由はいまのところ不明ですが、松笠造りの方はチヌの癖がほぼ気になりませんでした。

もしチヌが釣れましたら、皆様にも是非一度お試し下さい。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました