【簡単料理】シーバスの霜降りレシピ

シーバス
スポンサーリンク

釣れたシーバスの霜降り

先日釣れたシーバスを霜降りにしてみました。

(釣行記事)

【大阪】淡輪漁港にてシーバスが釣れました!(2020年4月中旬)
淡輪漁港のシーバス:釣り場・大阪府泉南郡岬町淡輪:淡輪漁港・アクセス:今回はシーバスの魚影が濃い、淡輪漁港にやって来ました。淡輪漁港のシーバス:釣行時間・デイゲーム:PM4時~PM6時今回のメインターゲットはシーバスで、夕まず目のみの短時間

シーバスの皮には美味があるので、霜降りにすると普通のお造りとは違った美味しさを味わえます。

スポンサーリンク

シーバスの霜降りの材料

・シーバス:片身の半分

・ワサビ:適量

・醤油:適量

・氷水

スポンサーリンク

シーバスの霜降りの調理方法

①シーバスを三枚におろします。

②まな板の上にシーバスの切り身を皮を上にして乗せます。

③シーバス切り身の上にキッチンペーパーを敷きます。

④沸騰した熱湯を20秒ほど、シーバスの皮目にかけます。

⑤シーバスの皮に火が通ったらすぐに氷水のボールに入れます。

※あまり入れすぎると水っぽくなるので、30秒ほどで取り出しましょう。

⑥取り出したシーバスの身の水分をキッチンペーパーでしっかり取りましょう。

⑦後はお好みのサイズにシーバスの切り身をカットして完成です。

スポンサーリンク

シーバスの霜降りのコツ

「シーバスの皮目にしっかり熱を通すこと」です。

シーバスの皮は分厚く丈夫なので、しっかり熱を通しましょう。

熱湯を20秒以上かけると大丈夫なようです。

スポンサーリンク

シーバスの霜降りの味の感想

シーバスの刺身はそれ単体でもとても美味しいのですが、皮を霜降りにして刺身にすることで、皮目の美味しさがさらにプラスアルファされます。

皮の触感はゼラチン質でぷるぷる、身はしゃっきりしているので、触感の二重奏も楽しめます。

是非皆様も一度お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました