【簡単料理】シーバスの松笠造りレシピ

シーバス
スポンサーリンク

釣れたシーバスの松笠造り

先日釣れたシーバスを松笠造りにしてみました。

シーバスは旨味が強い魚ですが、皮目も美味しいので松笠造りにするとその両方が味わえます。

(釣行記事)

【和歌山】矢櫃漁港(やびつ)にてデイシーバスゲーム(2020年3月下旬)
矢櫃漁港のシーバス:釣り場・ 和歌山県有田市宮崎町:矢櫃漁港・アクセス:今回は矢櫃漁港にやって来ました。矢櫃漁港はテトラ帯や地磯、シャローポイントがあり、メバルやシーバス等色々な魚種を狙うことができる漁港です。また、人が少ないポイントも良い
スポンサーリンク

シーバスの松笠造りの材料

・シーバス:片身の半分

・よく研いだ包丁

・ガスバーナ

・氷水

・魚焼きコンロの金網

・キッチンペーパー

スポンサーリンク

シーバスの松笠造りの調理方法

①シーバスを三枚に下ろし、腹骨をすき取ります。

②片身を半分にカットします。

③金網の上に身を乗せ、バーナーで皮目を炙ります。

④皮目に焦げ目がついたらすぐに氷水に入れます。
※長時間入れすぎると水っぽくなるので、30秒ほどで取り出しましょう。

⑤取り出した身の水分をキッチンペーパーでしっかり取ります。

⑥お好みの厚さに切りって完成です。

シーバス身は弾力があり、もちもちとした触感が美味しいの少し厚めに切りました。

スポンサーリンク

シーバスの松笠造りのコツ

「切れ味の良い包丁を使うこと」「強めに炙ること」です。

よく研いだ包丁を使う理由は、シーバスの皮は結構厚いため、切れ味の良い包丁でないと刺身にカットしにくいからです。

強めに炙る理由は、シーバスの皮は結構厚いためです。身に焦げ目がつくくらい強めに炙ると美味しく食べられます。

スポンサーリンク

シーバスの松笠造りの味の感想

シーバスの松笠造りは身の味が濃く、皮にも美味しさがあり、もちもちで最高に旨いです。

普通のお刺身に飽きてきた方は、松笠造りを是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました