【簡単料理】オオモンハタの松笠造りレシピ

オオモンハタ
スポンサーリンク

釣れたオオモンハタの松笠造り

前回地磯で釣れたオオモンハタを松笠造りにしてみました。

オオモンハタ始め根魚は皮目にも豊かな旨味があり、松笠造りにすると身と皮の両方を味わえますよ。

(釣行記事)

【三重】熊野市地磯にてオオモンハタが釣れました!(2019年8月中旬)
熊野市地磯のオオモンハタ:釣り場・三重県熊野市:地磯・アクセス:今回は三重県熊野市の地磯地帯にやって来ました。先日釣り玄人の友人が34cmのアカハタを釣ったとのことで、僕も連れてらうこととなりました。また、近辺の釣果情報を調べるとオオモンハ
スポンサーリンク

オオモンハタの松笠造りの材量

・よく研いだ包丁

・ガスバーナ

・氷水

・キッチンペーパー

・魚焼きコンロの網

・ポン酢:適量

スポンサーリンク

オオモンハタの松笠造りの調理方法

①オオモンハタを三枚に下ろし、腹骨を取り除きます。

②皮目に切れ目を入れます。
※1炙った際に反り返らないので刺身にカットしやすくなります。
※2オオモンハタは皮目が厚く、切れ込みを入れておくと皮目の味がよく分かるようになります。

③魚焼きコンロの網の上にオオモンハタの身を置きます。

④ガスバーナーで皮をあぶります。

⑤焦げ目がついたら30秒氷水に入れます。

⑥取り出した身の水分をキッチンペーパーで取ります。

⑦お好みのサイズにカットして完成です。

半分は刺身にし、両方を楽しみました。

スポンサーリンク

オオモンハタの松笠造りのコツ

「切れ味の良い包丁を使うこと」「ガスバーナーでしっかり炙ること」です。

よく研いだ切れ味の良い包丁を使う理由は、オオモンハタの皮が結構厚く、切れ味の良い包丁でないと切れ目が入りにくいからです。

また、皮が厚いので、ガスバーナーで焦げ目が付くくらいしっかり炙るくらいがちょうど良いです。

スポンサーリンク

オオモンハタの松笠造りの味の感想

オオモンハタの松笠造りは、身がぷりぷりで、皮も旨くて最高の味でした。

刺身ももちろん美味しかったですが、個人的には松笠造りの方が好きです。

皆様もぜひ一度お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました