【簡単料理】メバルとカサゴの霜降りレシピ

カサゴ
スポンサーリンク

釣れたメバルとカサゴの霜降り

先日釣れたメバルやカサゴを霜降りにしてみました。

メバルやカサゴは身だけでなく、皮に熱湯をかけることで、皮目がぷるぷるになり、いつもの刺身と一風変わった味になります。

皮目も身も美味しく味わえるので、非常にお勧めな調理方法です。

(釣行記事)

【和歌山】唐尾漁港にてカサゴが釣れました!(2020年2月下旬)
唐尾漁港のカサゴ:釣り場・和歌山県有田郡広川町:唐尾漁港・アクセス:唐尾漁港は手前は浅く、沖の方に向かって深くなっているので、フロートリグを装着し、遠投する釣りを展開していきました。(フロートリグについてご存じない方は以下の記事をご参照くだ
スポンサーリンク

メバルとカサゴの霜降りの材料

・カサゴ:1匹

・メバル:1匹

・ポン酢:適量

・氷水

スポンサーリンク

メバルとカサゴの霜降りの調理方法

①カサゴとメバルを三枚におろします。

②まな板の上にカサゴとメバルの切り身を皮を上にして乗せます。

③切り身の上にキッチンペーパーを敷きます。

④沸騰した熱湯を20秒ほど、皮目にかけます。

⑤皮に火が通ったらすぐに氷水のボールに入れます。

※あまり入れすぎると水っぽくなるので、30秒ほどで取り出しましょう。

⑥取り出した身の水分をキッチンペーパーでしっかり取りましょう。

⑦後はお好みのサイズにカットして完成です。

スポンサーリンク

メバルとカサゴの霜降りのコツ

「皮目にしっかり熱を通すこと」です。

根魚は皮が分厚く丈夫なので、しっかり熱を通しましょう。

熱湯を20秒以上かけると大丈夫なようです。

スポンサーリンク

メバルとカサゴの霜降りの味の感想

根魚の皮は熱湯をかけるとプルプルになり、普通のお刺身とは一風変わった美味しさを楽しめます。

ポン酢で食べると旨いです。

皆さんも根魚が釣れた際にはぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました