【簡単料理】メバルの大根チゲ鍋レシピ

メバル
スポンサーリンク

釣れたメバルのチゲ鍋

前回の釣り初め釣行で釣れたメバルを大根チゲにしてみました。

キムチベースの出汁にメバルのぷりぷりの身が相性抜群ですよ。

(釣行記事)

【和歌山】田村漁港にてメバルが釣れました!(2020年1月上旬)
田村漁港のメバル:釣り場・和歌山県有田郡湯浅町:田村漁港・アクセス:今回は年始の釣り始めかつ、年始早々の新規開拓です。最近は和歌山方面の新規開拓に力を入れており、今年度最初は田村漁港にやって来ました。田村漁港はテトラ地帯が豊富であり、日中に
スポンサーリンク

メバルのチゲ鍋の材量

・メバル:3匹

・大根:7~10cm

・ニラ:1束の半分

・チゲ鍋の出汁:500ml

・ごま油:適量

スポンサーリンク

メバルのチゲ鍋の調理方法

①チゲ鍋の元を500mlに調整します。(鍋の元は各種表記の通りに調整ください。)

②チゲ鍋の出汁を中火にかけます。

③メバルの胸ビレや背ビレ、腹ビレをハサミで切ります。

④メバルを頭側としっぽ側に二等分に切ります。

⑤洗ったニラを5~6cmくらいにカットしておきます。

⑥大根を扇状に切り、5~6mmくらいにスライスし、鍋に投入しておきます。

⑦チゲ鍋の出汁が沸騰したらメバルを投入し、再沸騰させます。

⑧再沸騰後4分経過したら、ニラを投入して1分ほど煮込みます。

⑨香り付けにごま油を鍋に一周かけて完成です。

味の染み込んだ大根とぷりぷりのメバルの身がとても美味しそうです。

スポンサーリンク

メバルのチゲ鍋のコツ

「メバルを煮込みすぎないこと」「大根を早めに入れて味を染み込ませておくこと」です。

煮込みすぎるとメバルは身が柔らかくなり、身のぷりぷり感が損なわれます。

また、大根は味がよく染み込んだ方が良いので、切ったら早めに鍋に投入しておくのが良いようです。

スポンサーリンク

メバルのチゲ鍋の味の感想

ピリッと辛味のきいたスープが寒い冬に最高です。

大根にチゲの出汁が染み込み、メバルとチゲスープの相性も抜群でした。

この料理は出汁でカットした食材を煮込んで放置すればできので、忙しい方でも本当に簡単に素早く美味しくできます。

是非一度お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました