【簡単料理】メバルのお刺身レシピ(姿造り)

メバル
スポンサーリンク

釣れたメバルのお刺身

前回の釣行で釣れたメバルをお刺身にしてみました。

メバルのお刺身はぷりぷりで甘味が強く、最高のお刺身の1つだと考えます。

(釣行記事)

【和歌山】栖原漁港にてメバルが釣れました!(2020年2月上旬)
栖原漁港のメバル:釣り場・和歌山県有田郡湯浅町大字栖原:栖原漁港・アクセス:栖原漁港は防波堤の外側に岩礁地帯があり、根掛かりがしやすいものの、根魚の魚影が濃いポイントです。栖原漁港のメバル:釣行時間・ナイトゲーム:PM5時~PM10時今回も
スポンサーリンク

メバルの刺身の材料

・メバル:1匹

・ポン酢:適量

スポンサーリンク

メバルの刺身の捌き方

①メバルのエラと内臓を取り出しておきます。

メバルの解体の方法

②メバルの頭を落とさないように、中骨まで切り込みを入れメバルを三枚におろします。

③身の皮を引ます。(刀身の細い柳葉を使うとやりやすいです。)

④引いた皮は沸騰したお湯で15秒ほど湯引きし、氷水で冷やして一口サイズにカットしておきましょう。

⑤腹骨をすき取ります。

⑥後は刺身用にカットして盛り付けて完成です。

新鮮で身が固いなら薄めに、3日ほど寝かせた身なら集めに切りましょう。

ポン酢で頂いてください。

スポンサーリンク

メバルの刺身のコツ

「切れ味の良い包丁を使うこと」「包丁を使い分けること」です。

切れ味の良い包丁を使うだけで、捌き易さの難易度が劇的に下がります。

仕上がりも綺麗になります。

また、メバルの骨を切断する時は出刃包丁、皮を引くとき、刺身にするときは柳葉包丁、と使い分けると刺身にするとき刺身の仕上がりが美しくなります。

スポンサーリンク

メバルの刺身の感想

メバルの身はぷりぷりで、甘味が強く、ポン酢につけて食べると最高に美味しい一品になりました。

また、メバルの皮はとても厚いので、湯引きした皮はこりこりした歯ごたえがあり、ポン酢につけて食べるとなかなかな珍味になります。

日本酒ともとても合いますので、メバルのお刺身を食べる際は是非お酒と共に頂いて下さい。

また、姿造りに使用したアラは味噌汁にできるので、食べ終わったら是非ご活用下さい。

レシピ詳細:【簡単料理】釣れたメバルの味噌汁レシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました