【簡単料理】シタビラメのムニエルのレシピ

シタビラメ
スポンサーリンク

釣れたシタビラメのムニエル

前回の釣行で釣れたシタビラメ(シマウシノシタ)をムニエルにしてみました。

(釣行記事)

【和歌山】勝浦漁港にてカサゴがたくさん釣れました(2019年6月上旬)
勝浦漁港のカサゴ:釣り場・和歌山県東牟婁郡那智勝浦町:勝浦漁港・アクセス:今回は和歌山県の勝浦漁港にやって来ました。狙いはブルーバックの尺メバルです。今回の釣行ではたくさんの面白い魚と出会うことができました。勝浦漁港のカサゴ:釣行時間・ナイ

シマウシノシタはシタビラメの仲間です。

ムニエルはシタビラメの鉄板料理の1つです。

スポンサーリンク

シタビラメのムニエルの材料

・シタビラメ:1匹

・バジル:2枚

・小麦粉:適量

・ホワイトペッパー:適量

・塩:適量

・オリーブオイル:適量

・バルサミコ酢:適量

スポンサーリンク

シタビラメのムニエルの調理方法

①シタビラメを3~4cmにカットします。

②シタビラメの切り身に塩、胡椒をかけます。

②小麦粉をまんべんなく身にまぶします。

③フライパンにオリーブオイルを入れ、少し温度を上げます。

④シタビラメをフライパンに入れ、弱火で両面を3分、焦げ目が付くまで焼きます。

⑤焦げ目が付いたら上からアルミホイルを被せて、蒸し焼き状態にして5分置いて完成です。

今回はバジルを上に添えました。

ふっくらしてて見るからに美味しそうです。

スポンサーリンク

シタビラメのムニエルのコツ

「焦げ目を付けること」です。

焦げ目が付くことで香ばしさが上がり、美味しいシタビラメのムニエルになります。

スポンサーリンク

シタビラメのムニエルの味の感想

身はしっとり、ふわふわでとても上品な白身魚の味がしました。

シマウシノシタは流石シタビラメの仲間というところ、高級な味わいでした。

またバルサミコ酢をかけても美味しかったですよ。

偶然釣れ際には是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました